たこ焼きパーティーの様子を撮影してみた


みなさん、こんにちは。

だんだん寒くなってきて、暖かいものが食べたくなる時期に近づいてきました。

 

 

そこで、今回は先日行った会社でのたこ焼きパーティーをせっかくなんで、

動画で撮影してみました!

 

 

みなさんは、最近のiPhoneのカメラ機能を知り尽くしていますか?

もちろんアプリやインスタグラムなどを使って、加工することもできますが、

実はiPhoneだけでも十分すぎるカメラ機能が備わっています。

 

 

そんなiPhoneのカメラ機能を使って、

料理をどれだけ美味しく撮れるにも挑戦してみました。

 

 

カメラ機能の特徴と撮り方の工夫は大きく4つ。

 

 

スローモーション機能

iPhoneには一眼レフと同じようにスロモーション機能が付いています。

スローモーションは、動きを魅力的にみせたい時や、躍動感を出したい時に便利です。

ハゴロモフーズのCMでも同じようにしずく感を出したい時は是非使いたい機能です。

 

 

接写によるぼかし

iPhoneは、実は接写を行うと自然と背景がぼけるようになっています。

一眼レフやビデオカメラの機能では当たり前ですが、iPhoneではアプリを使わないと

うまくぼかしができません。そこで、接写機能を使って、動画をおしゃれに仕上げてみましょう。

 

 

角度を変える

動画を撮ったり、写真を撮ったりする時につい初めての方がやってしまうのが、

同じ角度でぶれないようにずっと撮り続けてしまうこと。そうすると画がどうしても飽きてしまいます。

そこで、今回はiPhoneを二台用意し、上と横の画を同時に撮影しました。

 

 

スライダー機能

スライダーとは、横に滑らせる撮影する機材です。

インタビューや物撮りの映像は、スライダーを使うだけでおしゃれに見えます。

そこで今回は簡易のスライダーを用意。使ったのはテーブルとハンカチ。

ハンカチの上にiPhoneを置いて、滑らせるだけで立派なスライダーになります。

 

 

ではさっそく見てみましょう!

 

 

まずは材料カット。

材料カットの時は、2つのiPhone使って、上からと横からで撮ってみました。

カットを二つ入れることで雰囲気が変わります!上からの方が素材を魅力的に打ち出せますね。

 

 

 

今度は実際の焼いているところ。ここではスライダー機能を使って、おしゃれな雰囲気を出してみます。

 

 

いい感じですね。横に滑らせるだけで全然雰囲気違います。

また、タコを落とす時にスローモーションを使うことで、

昔懐かしいハゴロモフーズ感が出ます!

 

そして最後は仕上げ。ここはやはり鰹節の踊ってる感が欲しいので、スローモーションと接写機能です。

 

 

踊ってますねー。やはり鰹節は踊ってなんぼです。

最後は“チューボーですよ”風にお酒の注ぎと合わせた物撮り。

これで最後編集するとこんな感じになりました。

 

 

IPhoneでもここまでいい感じの雰囲気を出せます。

たまに気分転換で料理した時、みんなでパーティーをした時、

せっかくの思い出ですので、みなさんもぜひiPhoneカメラでいろんな撮り方を試してみてください!


たこ焼きパーティーの様子を撮影してみた

| 撮影テクニック, 記事 |

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>