正月ムードも過ぎると、気になるのはお財布の中身。

 

そこで、新年からしっかりつけ始めたいのは家計簿。
「続けやすい」と評判の家計簿アプリ『Zaim』をご紹介します。

 

お金の節約を手助けてくれ、レシートを撮影するだけで簡単に家計簿に登録できる
アプリZaim (ザイム)です。

 

家計簿アプリの問題点としてはレシートの入力が「面倒」という事がありますが、
Zaimはレシートをアプリのカメラで撮影するだけで、お店情報から購入した商品の品目、
値段などの様々な情報を読み取ってくれるという優れものです。

では、さっそく使ってみましょう。

 

レシートを撮影して内容を即座に解析


レジの会計時にもらってきたレシートを写真撮影するだけです。
品目が多くなりレシートが長くなった場合に、写真を分割撮影する“長尺”にも対応します。

 

zaimレシート

 

合計金額は、日付や店舗の場所なども解析して記録してくれます。

 

zaim日付店舗

 

品目もレシートの内容から記録すため、見返したときにどういう内容の出費になったか
ひと目でわかるのが便利です。衝動買いしてしまった・・・という反省も月末にできますね。

 

カテゴリーは“食費”、“日用雑貨”など大きく数十種類が用意されています。
手動で調整もできますが、これもある程度レシートから自動で分類されます。

 

レシート解析の精度は、レシートのタイプや印字の状態により異なりますが、
実際に使っている感覚では良さそうです。日々改善されているようです。
手ブレもなく明るい場所で撮影した場合でも
名の知れているお店のレシートであれば店舗から品目の情報解析まで
一回の撮影で失敗することはそんなにありません。

 

スマホで写真を撮るだけで出費の詳細が記録できるというのは、
使ってみる非常に便利です。
もちろんレシートが無い場合、手入力で金額を入力して記録することもできます。

 

zaim手入力

 

家計簿をグラフやカレンダーで可視化

一目で見て、家計簿をグラフに集計してくれる機能。

支出などをカテゴリーで色分けしてグラフ化してくれるので、何に出費が多かったか一目瞭然。
無駄な出費は切り詰めようという気にさせてくれます。

 

zaimグラフ

 

カレンダーで日々の出費を見返すこともできます。
あれ、財布にお金がない・・・という状態になることが減ります。
いつお金を使ったかわからなったときにも振り返りができます。

 

zaimカレンダー

 

ホーム画面はこのようにいたってシンプルなので、直感的に操作しやすい。
その上に、銀行口座と連携して入出金の自動取得や残高の表示ができたり、
SNSとも連携できると多機能です。
本格的に家のお金の流れを全部管理することも、そこまでは面倒という人は出費の記録のみで
簡易利用することもできたりと、使い方の幅が広いです。スマホ・PC版共にあります。

 

「出費を記録する」と意識するだけでお金を使うのを控える気になります。
私自身も何度か家計簿記録の挫折経験はありますが、これは継続しています。
今まで家計簿つけたことないという人でもZaimなら続けやすいかもしれません。

 

 

筆者Facebookアカウントです。誰でも友達申請を承認しております。
https://www.facebook.com/kenji.minaki

筆者Twitterアカウントはこちら。
https://twitter.com/douaka0115

 


無料の家計簿アプリ「Zaim」が便利!2016年の収支計画を。

| 勝手にPR |

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>