ポイントは尺にあり!見られる動画のベストな長さとは


コンテンツマーケティングにおいて動画の活用が当たり前となっています。

テキストコンテンツと比べて情報量が圧倒的に多く、

サービス内容を理解しやすいというのが動画を利用する大きな理由の1つです。

 

ただし、テキストコンテンツに比べて、動画の作成は、それほど簡単ではありません。

作成コストが大きいため、どのような見せ方をすれば

効果的なマーケティングを行うことができるのか、

動画は考えなければならないことが数多くあります。

 

そして、常に話題に登るのがが動画の「尺」です。

 

ポイントになるのは最初の5 秒!

ネットサーフィンをしていて、何となく見てみようと思って動画をクリックすると、

30秒以内の動画であれば平均で80%最後まで見てもらえると言われています。

 

かなり確率の高い数字ですよね。これが、5分の動画となると60%程度まで

見てもらえる確率が下がるそうなので、とりあえず概要を知ってもらう入り口として、

動画は30秒くらいで抑えておくのが適切な数字と言えます。

 

実際、テレビCMで15秒、30秒といった長さに慣れている

ということもあり、テンポよく動画を見たいという人も多いようです。

 

逆に、1分を超えてしまえば、3分であっても5分であっても

10分であっても動画を最後まで見るパーセンテージはそれほど差がないと言われています。

 

ある程度の長さの動画の場合、「最後まで見たい」と思わせること。

つまり、つかみが大切なのです。スキップしないで最後まで

見てもらうためのつかみとなるのは最初の5〜30秒がポイントとなります。

 

10分動画を1本作るより、1分動画を10本作る方が良い。

では、長い動画、短い動画、どちらがオススメなのでしょうか。

結論から言うと、10分動画コンテンツを1本作るより、

1分の動画コンテンツを10本作る方が、よりマーケティング効果を得られるのではないでしょうか。

手軽にサクサク視聴できる、これが、動画コンテンツに求められる要素のひとつです。

 

内容を詳しく説明するなら、長い動画が良いと単純に思うものです。

しかし、web上には動画コンテンツが溢れるほどあるため、

ユーザーもじっくりゆっくり視聴するということは

あまりなくなっているという現実があります。

 

PCの大画面でじっくりと視聴するユーザーも中にはいます。

ですが、移動中の隙間時間にスマホの小さな画面で

消音で視聴するユーザーのほうが、遥かに多いことを考えると、

動画は短く、のほうが良いでしょう。

 


ポイントは尺にあり!見られる動画のベストな長さとは

| 記事 |

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>