近流行りの「インターネット配信業」とは一体どんな職業!?


最近、よく耳にすることも多くなったYouTuberなどの

「インターネット配信業」とは、一体どのような職業なのでしょうか?

 

「インターネット配信業」とは、インターネットを通して動画を公開し、

その視聴によって収益を得る職業です。

昨今のネットの普及によって、多少の知識と必要な機器さえあれば、

誰でもこの配信業を行うことができるようになりました。

まさにネットの普及が進んだからこそ生まれた職業と言えますね。

「動画職人型」と「放送主型」大きく別けて2タイプ

この職業には大きく別けて2つのタイプあります。

 

まずは自分で動画を作成し、それをYouTubeのような動画サイトに公開をして

その視聴数によって収益を得る「動画職人型」です。

 

そしてもう1つは自らが出演する生放送番組を動画配信サイト上で定期的に公開し、

その番組に付いたスポンサーや視聴者から収益を得る「放送主型」と呼ばれます。

 

単に配信業と呼ぶ場合はこちらを指すことも多いですが、

ここでは動画職人型も含めて見ていきます。

どのように収益が発生しているの?

では、一体「インターネット配信業」を実際にやっている方は、どのように収益を得ているのでしょうか。

 

◆動画職人型

動画職人型の場合、公開する動画にスポンサー広告を付けることで利益が発生します。

この広告は動画サイト自体が契約しているスポンサーのもので、

動画の初めに数秒広告動画が流れる場合や、動画の枠中にバナーが表示されたり、

動画の途中で何度か広告動画に切り換わるようなこともあります。

 

YouTubeに公開されている動画を閲覧している時にこのような広告が出てきた場合、

その再生によって動画を公開した人に収益が発生しているということです。

YouTubeでこのように収益を上げている人を「ユーチューバー」と呼んでいます。

 

1視聴当たりの単価はYouTube自体に広告の出稿が多い時期と

そうではない時期によっても異なり、0.05~0.1円程度ですが、

人気のあるユーチューバーの動画は公開される度に10万視聴をゆうに超えます。

毎日新作を公開していることも多く、人気があり、動画の公開数が

多くユーチューバーは結構な収益を得ていると言えるでしょう。

 

またコラボ放送と呼ばれる、特定の企業の商品を”ヨイショ”する動画を

公開することもあり、その場合は視聴数による収益とは別に、

その企業よりスポンサー料が入ります。

 

◆放送主型

放送主型は、その人が出演する生放送番組を見る為に視聴者が

配信サイトに対して行った課金を元に収益が発生する場合と、

その番組に対してスポンサーを付けた場合の視聴者数によるスポンサー収入に分かれ、

その両方を同時を行っていることもあります。

 

前者は有料放送と呼び、視聴者は番組ごと、もしくは一定期間の視聴に対して課金が必要になります。

後者はYouTubeのように、配信サイト自体が契約しているスポンサーの広告を

放送中に画面の上や下に表示させることで収益が発生する仕組みです。

 

それぞれの抱える問題点

◆動画職人型の問題点

《安定して視聴数を確保するのが難しい》

同じような内容の動画ばかりを公開していると次第に飽きられていまい、

視聴数が伸び悩んでしまうことです。

動画さえ作ってアップロードすることができれば誰でも始めることができるだけに、

飽きられてしまうとすぐに目移りされてしまいます。

それを防ぐ為に次第に動画の内容が過激になっていくことも多く、

中には法を犯すような内容にまでエスカレートしてしまうこともあります。

このように動画職人型は安定して視聴数を確保するのが難しいことが問題点です。

 

◆放送主型の問題点

《生放送のため言動が問題になることがある》

放送主型の場合も次第に飽きられてしまうことは避けられませんが、

それ以前に生放送だけに、それなりに”しゃべり”が達者でないと続けることは

難しいと言えます。黙っている時間が長いような放送は誰も見なくなってしまいます。

 

他にはつい余計なことを言ってしまった為にそれが後々問題になってしまうことも多く、

生放送だけに配信を行う側は編集をした後の動画を公開している動画職人型とは違い、

内容には注意を払う必要があると言えます。

 

生業にしている人はごく僅か

このインターネットは配信業は誰でも始めることができる職業ですが、

この収入だけで生活ができる人はほんの僅かなのが実情です。

副業にするのは難しくありませんが、生業にするのはそれほど甘くありません。

 

この職業に興味を持った人は、最初からこの配信業で生計を立てようとは考えず、

まずは趣味として始めてみることをおすすめします。場合によっては思わぬ人気が出て、

そのまま職業になってしまうかも知れません。実際に現在配信業として

成り立っている人はそのパターンがほとんどなのです。

 

 


近流行りの「インターネット配信業」とは一体どんな職業!?

| 記事 |

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>