Youtube Trueviewインストリーム広告を掲載している

企業と、Youtubeを有効活用できている企業は違う

 

現在、多くの企業が広告出稿をしている《Youtube Trueviewインストリーム広告》。この広告モデル(CM)で成功している企業は多く存在します。しかし、別の意味でYoutubeを効果的につかえている企業が存在します。

それは、《YouTubeチャンネル》を活用している企業です。つまり、自社のYouTubeチャンネルに動画を投稿し、その動画から《集客》をしている企業です。

そういった企業は、動画内にアノテーションを表示させて最新動画を訴求したり、本文の書き方でHPへ誘導させるなどのYouTubeをしっかりと理解した方法論を持ち実行しています。

本記事では、あるジャンルの動画を投稿してる企業成功例をご紹介いたします。

 

自社YouTubeチャンネルの動画で集客を成功させている企業の共通点は《動画のクオリティー》と《機能やアルゴリズムの理解》!?

 

今回は、自社のYouTubeチャンネルへ動画を投稿し集客を成功させている例として、Web上で一斉を風靡した動画「フラッシュモブ」を事業としている企業《Emotion Rise》と《NEXT LEVEL Providers》を例にとってご紹介致します。

この両社は、投稿動画がTVを含む多くのメディアに取り上げられおり、集客の大半はYouTubeの動画視聴者から来ているそうです。

動画としての話題性(タイミング)もありますが、それ以外に集客モデルとしての共通点が多く存在し、その共通点こそが集客につながっていると考えられます。

共通点1 《考え方》

両社の動画に対する考え方として、《主体はだれか?》があげられます。

動画の特性としてプロポーズや結婚式に関するサプライズ動画がメインなんですが、《主体》が出演者や企業・視聴者ではなく《サプライズを仕掛ける仕掛け人とターゲット》にフォーカスを当てた動画になっています。

 

これは、この事業の特性でもあるのですが出演者や投稿している企業・視聴者に寄りすぎない動画を投稿することにより、《広告くさくない動画》になっています。

人の心理として《売り込まれる》ことを嫌うので、こういった動画を企業が投稿していても心理的に《売り込まれる》という、警戒反応を起こさないのです。

共有点2《構成》

両社の動画は演出や構成にこだわっており、尚且つカメラを多く入れることによるカットの多さや、一発どりだからこその緊張感と臨場感・仕掛人の思いなど《視聴者が引き込まれる》要素が多くあります。

ここで重要な要素として上げられるのは、動画の《視聴時間》です。

 

《視聴時間》が長ければ長いほどYouTubeの人口知能が《良質な動画》として判断する事が多いそうです。《良質な動画》として判断されれば、視聴者が動画を検索した際に上位表示される事が多くなると言われています。

つまり《視聴時間》を長くするには、視聴者が動画の途中で他の動画へジャンプしない様な構成を組み《最後まで見たくなる動画》である必要があります。

 

動画の視聴時間は《YouTubeアナリティクス》で見る事が出来ます。

共通点3《YouTube機能の使い方》

両社ともに、YouTubeの機能であるアノテーションやカード・本文とタイトルの書き方・タグの選定・サムネイル選定などを最適化し、視聴率のUPや最新動画への誘導・HPへの誘導・関連動画から自社動画への誘導をうまく使用していると言えます。

 

YouTube機能と様式・検索アルゴリズムを理解し、人の目を引くタイトルとサムネイルを使う事で大きく再生回数が増え多くの人の目に触れる事になり、逆にしっかり理解せず人の目を引かないサムネイルやタイトルをつけていると《いい動画》も日の目を見ないという状況に陥りやすくなります。

 

当たり前ですが、再生回数が多ければ多い程集客できる見込みが多くなり、本文やカードに自社HPのURLを入れる事によりHPへの流入数が多くなります。

まとめ

企業が自社のYouTubeチャンネルで動画を投稿し集客をする際に必要な事は

 

《視聴者の感情を動かす動画を投稿する》

《YouTubeのアルゴリズムと機能をしっかり理解・活用し自社のHPへ流入させる》

 

この2点に絞られるのではないでしょうか?

どんな企業でも、視聴者の《知りたい》《面白い》《感動》《欲しい》などといった感情を揺さぶる動画を投稿しなければ見ていてもすぐに他の動画へジャンプしてしまいますし、いくら《いい動画》を投稿しても《YouTubeのアルゴリズムと機能》をしっかり理解し活用しなければ、人の目に触れずせっかく予算と時間をかけて制作した動画が無駄なったり、再生回数が上がったとしても視聴者がHPへジャンプせず集客に繋がらないという事になってしまいます。

 

しかし、この2点をしっかり押さえていれば《企業イメージの向上》や《集客》など多くのメリットがあります。

 

現在色々なSNSが動画に力をいれているので周知の事実ではあると思いますが、動画コンテンツは文字や写真では訴求しけれない物を訴求する可能性を多く秘めており、世界最大の動画共有サイトであるYouTubeをしっかりと活用できれば、企業の《集客チャンネル》として大きな役割を果たすのではないでしょうか。

 

▽Emotion Rise

▽NEXT LEVEL Providers

 

 


企業はYoutubeCMはしていても、Youtubeチャンネルは活用できているのか!?

| 記事 |

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>