誰でも分かる!!動画でよく使われる用語集


動画と一口に言っても、色々な大きさのものがあり、また長さもそれぞれです。そのような様々な動画の説明などでよく使われる基本的な用語を分かりやすくまとめてみました。

TV放送やDVDなどでも同様の用語を使うことが多いので、どれも覚えておいて損はありません。

————————————————————————

解像度

動画や放送自体の横と縦のサイズです。
これはドット(ピクセル)単位で表現し、DVDの場合は720×480になります。これ以上の解像度がある画面に表示させる際には元の映像を拡大することになり、逆に表示する画面の解像度が小さい時は縮小されます。DVDを大きな画面に表示させた時に多少見た目がぼやけて見えるのはこの為です。

この解像度は数値で表す以外に、640×480は「SD(標準テレビ解像度)」、1280×720は「HD(ハイビジョン解像度)」、1920×1080は「FHD(フルハイビジョン解像度)」というような規格があります。最近では「4K」という、横・縦ともににFHDの約2倍の解像度での撮影や放送も行われています。

アスペクト比

動画や放送の横と縦の比率を表します。
これが4:3の場合、アナログ時代のTV画面のような比率になります。これは横と縦のそれぞれのドット(ピクセル)数から算出することができ、1200×900のサイズや800×600のサイズが4:3と表現されます。

現在のTVのデジタル放送は全て16:9のアスペクト比で放送されていますが、一部の昔の番組の再放送などは元の映像のアスペクト比から4:3で放送されることがあります。この場合は画面の左右の余白が黒くなり、この状態で表示することを「レターボックス」と呼びます。

ワイド

主に上記のアスペクト比が16:9の動画や放送をこう呼びます。
ですが厳密なアスペクト比の決まりはなく、SD解像度のアスペクト比である4:3より横の比率が大きい動画や放送をこう表現することが多いです。

例えば劇場で公開される映画は2.35:1のアスペクト比ですが、これも一口にワイドと表現してしまっても間違いではありません。

フレームレート(fps)

1秒間に使われているコマ数です。
動画や放送はパラパラ漫画のように、1つ1つのコマ(フレーム)を高速で入れ替えて表示することで、動いているように見せています。

この数字が大きいほど見た目がなめらかになり、30(デジタル処理の関係で、正確には29.97)がごく普通の実写動画や放送で使われるサイズです。また実写ほどなめらかさを要求されないアニメでは、24(23.97)が主流です。また映画の場合は上映の為の映写機の関係で、実写映像でも24(23.97)で制作されています。

ビットレート

その動画や放送に使われているデータ量です。
1秒間にどれだけデータを詰め込んでいるかをビット数で表現します。同じ解像度、同じ長さの動画や放送でも、このビットレートによってその鮮明さが変わります。特に拡大をした際にこれが低いとすぐに見た目が粗くなってしまうことが多いです。

これが高いほど綺麗な映像を見ることができますが、あまり高過ぎると再生が重くなってしまい、下げると粗くなってしまうた為、再生環境に応じて適度な調整が求められます。

コーデック

動画や放送の形式の種類です。
PCで再生できる動画に使われている有名なものにはAVI(MP4)、WMA、MPEG、MOVなどがあります。

WMAはWindowsの標準の動画形式で、MOVはMacやiPhoneで使われることが多い形式です。この形式にあったコーデックをインストールしていないと、その動画を再生することはできません。Windowsの場合はWMAは標準でサポートされていますが、その他の形式の動画を再生するには基本的にその動画に合ったコーデックが必要です。

またこれは音声にも言えることで、音声コーデックとしてMP3やWMAなどがあります。もちろん対応したコーデックがインストールされていないと音声の再生ができません。動画の再生には動画部分と音声部分の両方のコーデックを揃えて用意する必要があります。

ストリーミング

動画をダウンロードしながら同時に再生することです。
このストリーミング形式の動画はファイルとしては保存せずに、TV放送のようなイメージで見ることになります。
ですがTV放送とは違い、巻き戻しや早送りは自由にできるので、見逃してしまったシーンがあっても大丈夫です。

音声多重(マルチリンガル)

1つの動画や放送に音声が2つ以上含まれていることを表します。
映画のDVDでは1枚に日本語や英語、スペイン語といった複数の音声が含まれていることも多く、色々な言語で再生することができます。

上のスーパーと合わせて、DVDでは1枚で色々な言語や字幕が表現できるので、同じ作品で日本語版や英語版、また字幕版などをそれぞれ別に用意する必要がありません。特にレンタルではビデオカセットの時代と比べて、これが実用的に一番進化した点だと言えるかも知れません。

スーパー

洋画では日本語などの他の言語の字幕が画面に表示されることがあります。このような字幕表示をスーパーと呼ぶことがあります。

これは「スーパー・イン・ポーズ」の略で、元の画面に字幕を重ねて表現していることを表します。なので厳密には字幕だけでなく、何かの表示を重ねることを表す用語ですが、一般的にはこのスーパーは字幕のことを差すことが多いと考えてください。

テロップ

略して「テロ」と呼ぶこともあります。これはスーパーの一種ですが、画面の下部に表示されることが多い字幕に対して、突然画面の上部に表示される、緊急速報のような当初は意図されていなかった表示のことです。

その為、予め制作側が入れている字幕などの表示はこうは呼ばず、予告なく急に挿入されたものを呼ぶ場合に使いますが、動画の場合は内容によってはこのテロップを装った演出を行っている場合があります。そういうものは厳密にはテロップとは呼びませんが、これによって動画の内容が面白くなることも多いです。
————————————————————————

いかかでしょうか。よく聞く用語も含まれていたと思います。
これらを覚えておくと、動画の再生を行う際に困ることは少ないでしょう。

 


誰でも分かる!!動画でよく使われる用語集

| 記事 |

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>