Facebookで動画マーケティング!上手な活用法はコレ


動画マーケティングと言えば、「YouTube」というイメージがここのところずっと続いて来ていましたが、数年前から、その傾向が変わりつつあります。個人でも、企業でもお手軽に動画公開が出来るうえに、チャンネルまで持つことができるYouTubeは、ユーザーが世界中にいる圧倒的に「見られる」サービスでしたが、実は、最近ではFacebookで動画公開というスタイルが増えて来ているのです。これからの動画マーケティングはFacebookに移行していくのか、YouTubeと使い分けるべきなのか、今回は、Facebook目線で、Facebook動画を上手に活用する方法をご紹介していきたいと思います。

覚えておくべき用語「リーチ」

動画マーケティングをするということは、動画を作り、ただ公開するだけではなく、きちんと数値を把握する必要があります。それが「リーチが伸びる」ということです。リーチとは、投稿がいったい何人のタイムラインに表示されたのかを示す数値のことです。「いいね」の数、「シェア」の数、そして、記事がクリックされた数などがリーチの伸びに影響するものですが、今、Facebook上では動画を投稿すると、リーチの伸び率が圧倒的に上がると言われています。

 

動画機能はチェック済みですか?

YouTubeの動画を使うことに慣れている人は、Facebookの動画って見やすいの?使いやすいの?というイメージがあるかもしれません。しかし、動画機能のほとんどはYouTubeと同じ様なスタイルで使う事ができます。プレイリスト、注目の動画などを設定することも可能です。この2つの機能を上手に組み合わせて使うだけで、グッとクリック数が変わってきます。

プレイリストはアップした動画をきちんと整理して見やすくするという機能です。そんなに重要な機能のようには思えないかもしれませんが、きちんとカテゴリ分けされているものは、見やすいという基本をおさえる役割をしてくれます。

どれも見て欲しい動画だけど、特に一番注目して欲しい、クリックして欲しい動画を1つ、注目の動画として設定すると、プレイリストの「顔」のような働きをしてくれます。

きちんと整理された動画リストの中で、メリハリのある表示をしているだけで、リーチ数が変わってくるものなのです。

 

動画は自動再生される!?

Facebookの動画は、クリックしなくても自動再生されています。スクロールしていて、「クリックしていないのに、なぜ動いている?」と思ったことはありませんか。自分はなにも触っていないのに、動いている画が視界に入ってくると気になるものです。それが、Facebook動画がマーケティングに向いている理由の1つです。気になれば、立ち止まり、そして、クリックしてみたくなるものです。立ち止まってもらうまでは自動機能の力ですが、クリックしてもらうためには、最初の5秒、長くても10秒以内で、「あっ!」と思うものを動画に組み込めばいいわけです。そこに工夫が出来れば、Facebook動画を使ったマーケティングを上手に使いこなすことが出来ると言えるでしょう。

 

Facebookからサイトへの誘導に役立つ設定

Facebookの動画の再生中には画面左上に、再生後には動画内に「詳しくはこちら」というボタンが出てきます。動画に興味を持ってくれたユーザーを自社サイトへと誘導するために、ここに動画内容の詳細や、追加情報にリンクするように設定します。設定方法はとても簡単で、動画をアップする際に、「アクションを追加(任意)」を選択肢、アクション内容を「詳しくはこちら」として、誘導したいURLを貼付けるだけです。ひと手間にもカウントされないくらいの簡単設定です。

 

Facebookは画像、YouTubeは映像と分けて利用している人も多いかもしれません。しかし、使い方も簡単で、リーチが伸ばしやすくなるのであれば、Facebooでも動画投稿を使わない手はないでしょう。

 

 


Facebookで動画マーケティング!上手な活用法はコレ

| 記事 |

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>