動画広告は水戸黄門に習え!「見ただけでわかる」が大事な理由


みなさん、水戸黄門のドラマを一度は見たことがありますか? あまりちゃんと見たことがないという方でも、身分を隠し人助けをしている水戸黄門が、悪者とチャンバラになった時に印籠を出すと、「はは~」とみんなが床にひれ伏す……という程度にはご存知なのではないかと思います。『勧善懲悪』のこのストーリーは、物事をまだよく理解していない子供から耳がよく聞こえなくなった高齢者まで、あらゆる人が見てすぐ理解できるわかりやすい物語です。

では、「動画広告は水戸黄門に習え」とはどういう意味なのか、ご説明していきたいと思います。

「目に入った」だけで視聴者ではない

動画広告はwebでわざわざ検索をかけて「観よう」と思って「観る人」というのは、ほとんどいないですよね。何らかのページを「見ている」時に、あるいは目的の動画を観ようとしていた始めに広告が出てきて「見せられた」という感じではないでしょうか。中には話題になってシェアされたりして、「観よう」と思って観てもらえる動画広告もあると思いますが、それはごく一部です。つまり動画広告を見ている人は、視聴者ではなく「ただ目に入っただけ」という方がほとんどなのです。だからこそ誰が見てもパッと見ただけでわかるということがとても重要なのです。

水戸黄門は一瞬見ただけで、そのシーンがどんなシーンなのか、その登場人物がどんな役割なのかがすぐにわかります。だからこそ、その先にある物語にすぐに注目できるのです。

音声はないものと思え

Webを見ている時、音声を出せるシーンというのは、実はそれほど多くありません。
家でひとりでインターネットを見ていたり、外でイヤフォンをしていたりなど、音声を出せる時は比較的限られているものですよね。また、音声が出せる環境でも周囲の音が大きい場合は、Webの音声がよく聴こえないということもあります。つまり動画広告は、[音声なしでもわかる】ということがとても大事なのです。それがたとえ「音」を売りにする商品であっても、です。音がなくても想像できる効果や文字テロップの上手な活用が動画広告には重要です。

ところで水戸黄門は耳の遠くなった高齢者にも人気だそうです。聞こえなくても話が「見ただけでわかる」からなんですね。

理解されなければ伝わらない

動画広告で意図的に考えさせたり、「これ何だろう?」と興味を引かせたりする手法はもちろんあります。それでもやはり、まずは「見たものを理解できる」ベースがあるからこそ、そこに興味を惹く何かをプラスしたり、考えさせるものをプラスできるわけです。見た人がシンプルに理解できないものだと、考えさせられることも、興味を持つことも難しいでしょう。動画広告は能動的に見られることが少ないものですので、遠回しな表現では、「見る人」を「観る人」に変えることはできません。

水戸黄門はとてもシンプルに誰が悪者で、誰が弱者で、誰が正義の味方なのかが一瞬で判断できます。だからこそ、「この弱者はこの後どうなるのだろう?」「なぜ正義の人がこんな行動を取ったのだろう?」とその先のストーリーへすぐに興味を惹かせることができるんですね。水戸黄門のようにシンプルでわかりやすく、何か起こるか期待させる動画広告が作れると、「見る人」を「観る人」に変えることができるのです。

まとめ

水戸黄門は音声がなくてもすぐに設定を理解させ、先のストーリーに興味を持たせるシンプルさがベースとなっています。だからこそ、「このあとどうなるの?」という「引き」を一瞬で生み出すことができます。これは動画広告にもとても重要なことです。設定は一目でわかるように、音声がなくても伝わるように、そして、そのベースの上で「見る人」を「観る人」に変えるポイントをプラスする、これが水戸黄門に習うべき動画広告のポイントです。

 


動画広告は水戸黄門に習え!「見ただけでわかる」が大事な理由

| 記事 |

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>