「はじめの5秒」で見るひとを視聴者に変えろ!動画広告の鉄則とは!?


 

ここ数年、Youtubeをはじめとする動画人気は高まるばかりです。とくに若い世代にはTVを観るより動画を見ている人が増えているほど。またTVをつけていても、同時に動画を視聴している人が多いようです。

そんな動画に注目しているのは広告を出す側も同じ。とくに動画広告はそのままサイトページへの引き込みがし易いため、CVにつながりやすいというのも注目のポイントなのです。そこで、今回はそんな動画広告の鉄則についてお伝えしていきます!

 

5秒はシェア拡大のチャンス!?

そこで重要になってくるのが5秒の壁です。
youtubeの動画広告は、視聴したい動画の始めに強制的に流れます。しかし、広告を見たくない場合は、5秒後にスキップする機能があることは、動画広告を制作したい人ならご存知ですよね。

観たい動画を待っている人は、少しでも早くスキップボタンを押したいと待ち構えています。つまり5秒の間は、けっこう観ていてくれる可能性が高いとも言えます。
この5秒にできることは、実はけっこうあるんです。

 

5秒の間にできる4つのこと

1、インパクトを残す

強烈なインパクトのあるものなら、観た人は「誰かにシェアする価値のあるものかも?」とスキップせずに続きを見る可能性が上がります。インパクトの作り方で一番有効なのは、ビジュアルです。つまりパッと見た時にいかに驚かせるか、面白がらせるか、あるいは怖いと思わせるかなどです。映像自体が印象的でもいいですし、文字テロップで「え?」と思わせるキャッチコピーを入れることでも、見ている人に衝撃を与えることができます。

 

2、“引き”を作る

ちょうど面白くなりそうなところで5秒を迎えるように作ることで、先を視聴させます。TVCMに入る直前の引きのようなものですね。わかりやすい設定をし、見ている人にまず現状を理解させた直後にすぐ「この後どうなってしまうんだろう?」と思わせる展開のさわりを見せます。そして、一番物事が変化しそうなところで5秒をむかえさせると、見ている人は「5秒より後も見続けたい」と思うのです。

 

3、スキップボタンで遊ぶ

スキップボタン自体を逆手に取って、動画に取り入れる洒落っ気のある動画は、それ自体が話題となってビューが拡大します。例えば動画内で、登場人物に「スキップボタンを押すな」と言わせたり、「押すと何かが起こる」と予感させるなどの手法です。スキップボタンの存在自体を、映像の中の人物たちの話題にさせて、その映像内に商品をさり気なく出しておき、終わりにロゴを出すという面白い広告動画もあるんですよ。

 

4、5秒で簡潔させる
「5秒間は絶対に視聴される」ならば、その間に広告を簡潔させてしまうという手法もあります。5秒でできることは限られていますが、意外と印象に残るのは短く訴えてくる広告です。お笑いのギャグなども説明的なものより、コンパクトでインパクトのあるものがウケがよく、広まることがあると思いませんか。実際に5秒以内で動画広告を簡潔させ、その後は「何も起こらないけど何かあるの?」と思わせる画像を残すことで話題になっている動画広告もあるんですよ。

 

まとめ

動画広告はあくまでも広告。そこにはつめ込まなければならない要素(どんな商品か、提供元の名前など)があります。その商品をいかに印象に残し、人々に興味をもたせるかが勝負です。だらだらと長い動画を流すより、短い動画にメッセージを凝縮した方が面白いものができると言われています。
スキップまでの「5秒を生かす」という発想から、間延びしない面白い動画広告が生まれることも多くあるのです。この5秒を意識することは、マイナスではなく、むしろシェア拡大のチャンスなんですね。

 

まだ誰も見つけていない「5秒の活用方法」を考えてみることができたら、PVが絶大に伸びるいいチャンスになるかもしれません。

 

5秒でできることは意外と多くあります。
動画広告を作る際はやみくもにシナリオを考えるのではなく、「5秒以内にどんなことを詰め込むか」を考え、残りの秒数の設定と、その中で「5秒を受けたオチをどうつけるのか」(「なるほど!」と納得させたり、「そういうことか!」と驚かせたりする)を考えてみてください。
「5秒の壁」の活かし、思わずシェアしたくなるような動画広告が作れるといいですね。

 


「はじめの5秒」で見るひとを視聴者に変えろ!動画広告の鉄則とは!?

| 記事 |

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>