就職活動、いわゆる就活はおそらく誰もが一度は通る道です。就活では周囲の学生すべてがライバルとなり、内定という限られたゴールを目指してしのぎを削ることになります。伸し掛かるプレッシャーやストレスで、長く続けば続くほど就活が辛いと感じてしまうようになるのも無理はありません。

 

Webには、そんな就活生たちにおすすめの動画があります。就活が辛いと感じたら、ぜひ一度視聴してみてください。きっと少しは気が紛れるはず!

 

面接で一度こんなことを言ってみたい!

多くの就活生が就活で最もプレッシャーを感じる瞬間といえば、やはり企業面接ではないでしょうか。面接でのマナーや答え方などについては、Webや書籍で、まるでマニュアルのように出回っています。そんな形式じみた雰囲気に嫌気が差している方におすすめの動画がこちら。

 

▼就活生・末永とも子の夢

 

就活真っ最中の大学四年生・末永とも子が就職面接に挑むシリーズ第一作目です。面接官の質問に、一切の迷いもない表情でハキハキと答えていく彼女。しかし「どのような夢ですか?」と聞かれて話した答えに面接官も思わず困惑。実際の就職面接でこんなことを言えたら、さぞかし気持ちいいことでしょう!

 

▼就活生・末永とも子の野望

 

自らを三国志の武将・董卓の生まれ変わりだと信じる就活生・末永とも子が再び就職面接に挑みます。前作での友人からの助言を聞き入れ、あのワードを言わずに面接を進められるのでしょうか?

 

就活を皮肉るアニメーション

自主制作のアニメーション動画には、就活を題材にしているものもあります。ここではそのうちの2つを紹介いたします。皮肉を交えたような独特の視点で展開されるこれらの動画は、まさに就活が辛いと感じる方の心に響く作品なのではないかと思います。

 

▼「就活狂想曲」

 

こちらは再生回数200万回を超える大人気のアニメーション動画です。ページのコメント欄には、「全部共感できました」「日本の気持ちの悪い就活の核心を射た動画」など共感の声が多数。現在の日本の就活というのは、ある意味で狂気じみているのかもしれませんね。

 

▼Mr.Riceの就職活動日記 第一話「777社目っ!」

 

「もしもしバグズ㈱」の実技試験を受けることになったMr.Rice。見事、害虫を駆除し内定を獲得することができるのでしょうか。問答無用で現場へ向かわせる面接官のドライな雰囲気や、害虫たちの恋愛模様などブラックユーモア満載です。

 

がんばれ就活生!!

内定を獲得するか、あるいは諦めるまで延々と続く就活。そんな就活が辛いと感じたとしても、目標があるのなら結局、やるしかないのです。最後は、そんな就活生たちの気分を励ましてくれる動画を紹介していきたいと思います!

 

▼内定が決まった人々と、決まってない2人

 

こちらは就活の憂鬱をテーマにした自主制作のショートドラマです。内定者と就活生の気分の温度差がなかなかリアル。しっとりと気分を励ましてくれる動画です。なぜことごとくサイパンなのかは謎。

 

▼sofy presents「すべての就活女子へ」

 

続いては女性向けの動画です。就活が辛いと感じた時に視聴したら、きっと良い気分転換になる動画でしょう。応援ソングとともに届けられる励ましのメッセージに勇気づけられます。

 

▼就活ラップ「新就活島」

 

ラストは就活をテーマにした面白いラップです。映画「バクマン。」の主題歌にもなったサカナクションの楽曲「新宝島」を、笑いどころも交えながらラップアレンジしています。

 

就活が辛いと感じたら

いかがでしたでしょうか?就活自殺なんて言葉まで生まれてしまっている現代日本。就活は自分の将来を決めるうえで確かに重要ですが、それが人生の全てではありません。真剣に取り組みつつも心持ちは適当に。思い詰めるようになってしまう前に息抜きを行うことも大切です。

 

 


就活が辛いと感じたときにおすすめの動画

| 記事 |

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>